堀田 久子 ホッタ ヒサコ

Hisako Hotta

家政学部 管理栄養士養成課程

教授

専門分野

栄養微生物学

研究テーマ

野菜や果物の廃棄部分から健康に役立つ物質をさがす

研究キーワード

温州ミカン/エンドウマメ莢/タマネギ/外皮熱水抽出物/ポリフェノール/食物繊維

研究の概要

温州ミカンやエンドウマメ莢、タマネギの外皮は廃棄されるものであるが、これらの中にはポリフェノールや食物繊維といった健康増進効果のある物質が含まれている。温州ミカンの外皮熱水抽出物をラットの餌に2%の割合で混ぜて、1か月間飼育したところ、血清中のトリグリセライドは、普通食ラットに比べ有意に低下した。また、温州ミカン搾汁残渣熱水抽出物粉末を2gを15名の女子学生に1か月間摂取させると、もともと乳酸菌菌数が少ないグループで糞便中に乳酸菌が有意に増加した。一方タマネギ外皮熱水抽出物は鱗茎部分の10倍のポリフェノールを含むが、この試料0.1 gを炊飯時に混ぜて炊いたご飯は、24時間後の細菌の発生が有意に抑えられた。腐敗抑制効果の本態はポリフェノールである可能性が高い。

著書・論文等

主な担当授業

管理栄養士のための生物/基礎栄養学実験/食品微生物学特論/栄養生理学特論

シラバス

リンク

トップページ

取材・講演のご依頼・お問い合わせ

神戸女子大学・神戸女子短期大学 入試広報部

電話 :
078-737-2329
メール :
info@kobe-wu.ac.jp